夏の暑さ・冬の寒さを同時に対策する
断熱フィルム LGE35Gの施工・効果

お問い合わせ

断熱フィルムはライフガードジャパンのLGE35G エナロジック 遠赤効果が暖かい

年末の安全・快適キャンペーン

ご存知ですか?遠赤外線を反射する断熱フィルムがあることを

窓フィルムイメージ

従来の窓ガラス用フィルムは夏の暑さ対策用の遮熱フィルムが中心でしたが、ライフガードでは夏の暑さ対策と冬の寒さ対策を同時に実現する年間省エネフィルムLGE35Gを2011年12月から販売施工を始めました。
LGE35Eは単板ガラスを複層ガラスにし、複層ガラスを三層ガラスにすることができます。

断熱フィルムLGE35Gの省エネ性能

遮熱効果(夏)

【夏の暑さ対策】 遮蔽係数 遮熱効果
3mmガラス 1.0 12%
LGE35G 0.33 71%
[ 遮蔽係数 ]
遮熱効果の指標で1.0より数値が小さくなればなるほど、遮熱性能が高いことになります。
用語解説
遮熱:夏季に屋内へ流入する日射熱を軽減すること
夏の暑さ対策

断熱効果(冬)

【冬の寒さ対策】 熱貫流率 放射率
3mmガラス 6.0 0.85
複層ガラス 3.5 0.35
Low-Eガラス 2.8 0.1以下
LGE35G 3.6 0.07
[ 熱貫流率 ]
断熱効果の指標で6.0より数値が小さく
なればなるほど、断熱性能が高いことになります。
[ 放射率 ]
遠赤外線を反射する指標で、0.1以下の場合には
「低放射」と定義され、断熱性能があるとされます。低くなればなるほど、断熱能が高いことになります。
用語解説
断熱:冬季に屋外へ流出する熱量を軽減すること
冬の寒さ対策