防犯・飛散防止・紫外線UVカット・遮熱効果の窓ガラスフィルムの施工ライフガードへ!

防犯・飛散防止・紫外線UVカット・遮熱効果の窓ガラスフィルムの施工ライフガードへ!

防犯ガラス破壊実験Experiment

防犯ガラスとの衝撃耐久比較実験

実際にガラスがどのように割れるのか?
一般ガラス・網入りガラス・強化ガラス・飛散防止ガラス、そしてライフガードの防犯フィルム(LLumarフィルム)を施工した窓ガラスを実際に割ってみる実験を行ないました。
その衝撃耐久比較実験の動画をご覧ください。
ライフガードの防犯フィルムの効果が分かります!

一般ガラス

割れる範囲も多く、割れた瞬間に小さな破片が室内に多く飛散し、鋭利で大きなガラスがたくさん落下します。非常に危険です。
※現在、既存の住宅・事務所など最も多く使用されているガラスです。

網入りガラス

ガラスに網が入っているため、割れ落ちはしませんが、室内にガラスの破片が多く飛散します。
防犯的には、ガラスが割れ落ちず比較的に音も出ないことから、逆に侵入されやすいといわれています。
※網入りガラスは防犯効果があると思われがちですが、防犯効果は一切ありません。消防法で定められた延焼防止の為のガラスです。

強化ガラス

普通のフロート板ガラスの3〜5倍の衝撃や風圧などの荷重に耐える事ができます。ただし先の尖ったもので衝撃を与えると簡単に破壊できます。
※万一破損しても破片が粒子状になるので破片による負傷は減少できます。

飛散防止ガラス(0.25mm〜0.1mm)

一般のガラスに0.25mm〜0.1mmのフィルムを全面貼りしたものです。
災害時にガラスの飛散を防ぐ事が出来ますが簡易的なものであり、強い衝撃においてはガラスの落下、脱落を防ぐ事は難しいです。

防犯合わせガラス

2枚以上のガラスを強靭な中間膜で接着して一体化したもので、防犯性が高いです。
※ガラスとガラスの間に中間膜がある為、外側からの衝撃や地震などの災害時には部屋内にガラスが飛散します。

当社防犯フィルム(LG440)を施工したガラス

一般のガラス(網入り・ペア含)に部屋の内側から防犯フィルムを全面貼りしたものです。
外側からの衝撃時でも部屋内にガラスが飛散しません。
※防犯性能の高い建物部品(CP)の基準を取得しており侵入盗被害を防ぐのにもっとも効果的です。

詳しくは製品紹介ページをご覧ください

個人のお客様 防犯フィルム
法人のお客様 危機管理対策
工務店様・デベロッパー様 危機管理対策