窓ガラスに防犯フィルムを施工をする|防犯・飛散防止・紫外線UVカット・遮熱効果の窓ガラスフィルムの施工ライフガードへ!

防犯・飛散防止・紫外線UVカット・遮熱効果の窓ガラスフィルムの施工ライフガードへ!

ガラスフィルムコラムColumn

※当コラムは個人的な見解に基づくものです。内容はお客様自身の責任においてご判断くださいますようお願いします。

窓ガラスに防犯フィルムを施工をする

防犯対策では、不法侵入を防ぐことが重要です。不法侵入者の侵入箇所として、筆頭に挙げられるのが窓です。
窓に鍵をかけていない場合は勿論のことですが、きちんと戸締りをしても、窓ガラスを割られて侵入されるケースが多々あります。ガラスは割れるもの。誰もが知っていることですが、日常生活の中で、私たちはその事実を忘れてしまいがちです。大切な家族と財産を守る手段の一つとして、防犯フィルムを施工する意味が、ここにあります。

防犯フィルムとは、簡単にいうと窓ガラスを割れにくくし、ガラスが割れた場合であっても、強靭なフィルム層がガラスの飛散を抑止し、割れた状態のままガラスを維持・保持することができるよう加工をしたフィルムを指します。これを窓ガラスに施工するだけで、不審者の侵入に手間と時間を掛けさせ、侵入行為を諦めさせることができます。泥棒や不審者はおおよそ5分から10分で侵入できないと、侵入行為そのものを諦めるという統計が出ています。この点においては、確実に効果が発揮されることが実証されている防犯フィルムを施工するよう選定をして頂ければと思います。

「防犯性能の高い建物部品(防犯建物部品)」に該当する防犯フィルムは、その防犯性能が警察庁を初めとする各機関により、実証されたフィルムになります。また、ガラスサッシ枠にサブロック付クレセントがあり、さらに補助錠が2個以上ある条件下で、5mm厚の単板ガラスに「防犯建物部品」である防犯フィルムを「防犯フィルム施工技能者」が施工した場合に限り、「防犯建物部品」の共通標章である「CPマーク」を、防犯フィルムを施工した窓ガラスに貼ることができます。盗みを専門としている人は、事前に対象とする家の状態を調査することが多く、簡単に侵入できる家を犯行の対象とすると云われています。このため、目視で防犯フィルムが施工されていることが判れば、予め侵入対象から外すことが多いとも指摘されていることからも、弊社は「防犯建物部品」に該当する防犯フィルムの施工をお勧め致します。